雨漏り修理は応急処置程度であれば自分でもできます - 住宅の定期的なメンテナンスが雨漏りを防ぎます
  • 雨漏り修理は応急処置程度であれば自分でもできます

    雨漏りは、棟板金の釘が浮いていたり、漆喰や瓦屋根の割れ、谷状になっている雨樋の穴など様々な要因がありますが、放置しておくと濡れた箇所の腐食やカビの発生原因となるので、早急に雨漏り修理を行う必要があります。
    雨漏り修理は、素人ではできない作業を行ってくれるので業者に依頼する方法が望ましいのですが、これ以上の被害を増やさないために、自分で応急処置をしておかなければならず、ブルーシートで覆う方法と、防水アルミテープで補修する方法、シリコンで補修する方法があり、ブルーシートは被せて土嚢などで飛ばされないようにするだけの方法で、広範囲の雨漏りにも対応できますが、強風時には吹き飛ばされる可能性があるので、ロープなどで固定する必要があります。



    防水アルミテープで補修する方法は、修復箇所に貼付けて雨水の侵入を防ぐ方法となりますが、雨漏り箇所が特定できない場合は効果がないので、雨漏り箇所を特定した場合に有効となり、防水アルミテープを張る場所に埃などが付着していると、粘着力が弱くなるので、拭き取った後に貼るようにします。



    シリコンで補修する方法は、防水アルミテープと同様に、場所が特定している場合に効果があり、修復箇所をシリコンで埋めるのですが、シリコンが硬化するまで時間が必要となるので、晴れの日を狙って作業するようにします。



    これらの雨漏り修理方法は、自分でもできる修理方法で、恒久的な効果はないので応急処置となり、必ず業者に依頼して内部の調査も含めて修理してもらうようにします。