雨漏り修理をすべき場所は壁 - 住宅の定期的なメンテナンスが雨漏りを防ぎます
  • 雨漏り修理をすべき場所は壁

    雨漏り修理を講じたものの、状況が改善することなく、いつまでも水が染み出してくるという場合は頭を抱えてしまうものです。

    しかし、原因を明瞭に見出すことができれば、たちまち解決させられるようになります。



    こうした考えを念頭に置いておき、雨漏り修理を行っていくと、これまで気づかなかった点に目を向けることができるようになるものです。それは、屋根だけではなく外壁からも雨が染み出してきているということです。

    言わずもがな、雨というのは重力の法則により、上方向から下方向に向かって降っているので、誰もが真っ先に原因は屋根にあると思います。



    しかも、そういった固定概念があるため、他の部位に問題があるとは考えつかないのです。
    ところが、雨漏り修理を専門に行っているプロによると、7割の確率で壁が要因になっていると言われています。


    つまり、天井が原因の割合というのは、たった3割しかないという事になります。



    時折、雨漏り修理が必要な程室内に水が滴っているのにも関わらず、バケツなどを設置して対処している家庭が見受けられるのですが、そのような状態を続けていくとあらゆる事柄で大変な問題が生じてしまいます。
    まず、壁が剥離してしまったり庇の部分が落ちてしまう恐れもあるのです。


    落下場所に人が居た場合大変な事になりますし、工事費用も嵩んでしまいます。


    そこで、庇の周辺などに苔が生えてきたら、雨漏り修理を真剣に検討していく必要があります。